更年期サプリでゆらぎ期解消|話題のランキングサイト

更年期サプリでゆらぎ期である更年期をつらい症状を解消!話題のランキングサイトはここ!

更年期障害のつらい症状にはプラセンタの注射とサプリメントを!

time 2015/11/11

更年期障害には、プラセンタが効果があると言われています。

プラセンタとは、胎盤のことで、出産すると、後産として外に出たものを回収し、洗浄・殺菌・酵素分解などの処理をしたものが、プラセンタです。

ヒトの胎盤は注射製材として、豚や馬の胎盤はサプリメントに加工されます。

更年期障害へのプラセンタによる治療は、医療の分野では50年以上前から行われています。

プラセンタの効果がある更年期障害の症状は、疲れや頭痛・肩こり・不眠・うつ症状・肌荒れなどがあげられています。


プラセンタ注射について

注射は、内科・皮膚科・心療内科で受けることができます。取扱いのない病院がありますので、事前に確認をとりましょう。

日本で医薬薬として認可されているものには「ラエンネック」と「メルスモン」があり、ラエンネックは、肝臓の治療に行われ、メルスモンは更年期障害のホルモン系の治療に行われています。

注射の価格の相場は、1アンプル1,500円~2,000円で、週に1~2度通院し、定期的に注射をすることにより、効果を実感されるようになります。

プラセンタ注射の注意点

ごくまれにですが、赤い発疹や、発熱、アレルギー症状がでることがあります。

これは、副作用ということではなく、一過性の拒絶反応といわれています。

ひどい時には、医師の診断を仰ぎ、中止することになるでしょう。

また、プラセンタ注射を一度でも受けると献血を行えません。

プラセンタが人の器官を使用したものであるため、病気などの伝播の可能性がゼロではないためです。しかし、輸血は受けられますので、ご安心ください。

プラセンタのサプリメントについて

サプリメントの原料は、豚や馬の胎盤です。豚プラセンタは、多く流通されており安価です。馬プラセンタは馬の出産頻度が少ないため、希少なものとなります。

どちらも効果は同じですが、製品の管理や安全性を確認して選びましょう。

選ぶ際には、プラセンタ純末が1日当たり100mg以上配合するものを選びます。サプリメントに重篤な副作用は、ほとんどありません。飲んでも献血ができます。

サプリメントは、通院の手間がかからず、薬店・ドラッグストア・通信販売から購入できるので、手軽に試すことができます。

更年期障害は、個人差があって症状も人それぞれです。

つらかったら選択肢のひとつとしてプラセンタをお試しください。プラセンタには、アンチエイジングの効果もあるので、サプリメントであれば更年期障害の前から飲んでみるのも予防として良いものです。