更年期サプリでゆらぎ期解消|話題のランキングサイト

更年期サプリでゆらぎ期である更年期をつらい症状を解消!話題のランキングサイトはここ!

更年期障害を予防する大豆イソフラボンの驚きの3つの効能

time 2015/11/06

更年期障害とは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が、急激に減少することが原因で起こる様々な全身症状のことを言います。

大豆には大豆イソフラボンという、エストロゲンに似た構造を持つ物質が含まれています。

大豆イソフラボンは体内でエストロゲンのような働きをすることがわかっています。

更年期障害の予防に効果が期待できる食材のようです。

その驚きの3つの効能について見ていきたいと思います。


つらい更年期障害の症状を緩和する

女性ホルモンの減少はどうしても避けることができません。

しかし、エストロゲンの急激な減少を緩やかな減少にし、つらい更年期症状の予防を図ることができたり、また症状が出てしまってからでも遅くはありません。

大豆イソフラボンは豆乳に一番多く含まれ、その次に納豆、大豆の水煮といった含有量の順になります。

毎日少しずつ大豆製品を取り続けることで、不足しているエストロゲンを補い、更年期の様々な症状を抑えるのに効果があることがわかっています。

大豆イソフラボンは骨粗鬆症を予防する

大豆には、大豆イソフラボンの他にカルシウムが含まれています。

女性ホルモンのエストロゲンには、骨密度を保つ働きがあります。

このエストロゲンが減少することで、骨密度が失われてしまうのですが、大豆イソフラボンでエストロゲンの働きで骨密度を保ちながら、大豆に含まれるカルシウムも同時に摂取することができるのです。

悪玉コレステロールを減少させる

大豆イソフラボンは、悪玉のコレステロールを減少させる効果があります。

悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化などの生活習慣病など危険な病を引き起こす原因となります。

その悪玉コレステロールを減少させることで、脂質代謝も上がり、血管年齢を若々しく保つことができるのです。

このように大豆には女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンが含まれており、またカルシウムも同時に得ることができ、驚きの効能があることがわかりました。

更年期障害を事前に予防したり、症状の緩和に繋がるようです。

女性にとっては救世主と言えます。

大豆イソフラボンはお豆腐や納豆など、短かな食材に含まれている成分なので、毎日の食事と一緒に上手に取り入れていきましょう。