更年期サプリでゆらぎ期解消|話題のランキングサイト

更年期サプリでゆらぎ期である更年期をつらい症状を解消!話題のランキングサイトはここ!

更年期で関節が痛くなってしまう原因とは

time 2015/11/07

更年期には、関節痛や筋肉痛などが現れやすくなっています。更年期に減少してしまう女性ホルモンのエストロゲンは関節をスムーズに動かす働きもしています。

エストロゲンが減少してしまう更年期には、よく関節痛や筋肉痛など訴える人が多いです。

関節痛が起こる頻度や原因

関節痛が起きる頻度は、体重の重たい人、軽い人、筋肉量の多い人と少ない人とで異なっています。中高年では変形性膝関節症の人が多くみられます。

加齢から関節表面をおおっている軟骨が徐々にすりへっていくことが原因となっています。症状が進むと生活に支障がでたり、歩行が困難になる場合もあります。

関節痛の手当てでは、湿布の場合も温湿布と冷湿布を使う場合もあります。温める場合の湿布の場合、炎症があると血流がよくなることで炎症が広がってしまうこともあります。

炎症が起きている場合にはお風呂では温めることは禁物です。湿布の場合、どちらの方法がいいのか様子をみながら手当を行います。

更年期には、関節痛は女性に多く発症することが多いです。関節は動いたり、支えたりと2つの役目を同時にこなしていますので、加齢で摩耗や変性が起きてくると土台の骨そのものが変形してしまう場合があります。

関節痛は関節炎という症状が起きる場合があります。痛みや腫れなどがある場合には、変形性膝関節症になっている場合があります。膝の炎症性の痛みでは、関節リウマチであったり、膝周辺の骨折、靭帯、半月板などの傷みなど外傷によるものもあります。

更年期には筋肉痛や肩こりなどの症状に悩まされる女性も多いです。自律神経が乱れることで、血流が悪くなっていることが原因です。筋肉痛でも背中の痛み、肩こりなどがひどくなってくる場合もあります。

更年期による筋肉痛がある場合には、普段からケアしていくことがとても大切です。痛みがあるためにさらにストレスがかかり、ストレスがかかることで、さらに痛みが広がっていくというような・・。

更年期にはこのような問題がありますが、その前に女性の健康の問題にも目を向けてみるのもいいでしょう。

>>女性の健康の知らないと関する知識はここ!

まとめ

更年期の症状というのは、人によってもその種類や程度が違っています。生活習慣を改善してみたり、痛みを軽減する方法もあるようです。

あまりにも痛みが気になる場合には重症化しない前に病院を受診してみることがおすすめです。頭痛やめまい、耳鳴りや手足のしびれが原因で肩こりが起きている場合、更年期障害ではなくほかの病気が起きている場合もあります。

肩こりよりも頭痛やめまい、耳鳴りや手足のしびれがひどい場合には病院を受診してみることが必要です。