更年期サプリでゆらぎ期解消|話題のランキングサイト

更年期サプリでゆらぎ期である更年期をつらい症状を解消!話題のランキングサイトはここ!

女性の更年期を緩和する生活習慣とは

time 2015/11/08

40代後半から50代前半ころになる女性ホルモンが減少します。

この時期にホットフラッシュ、頭痛、不眠、イライラ、抑うつなどに悩まされる女性が少なくありません。

女性ホルモンの低下は防ぐことができないので更年期を避けることはできませんが、生活習慣を見直すことで更年期の症状を緩和できます。

更年期障害の原因

更年期障害は女性ホルモンが低下することによる自律神経の乱れが原因です。

女性ホルモンは脳からの指令で分泌されます。まず、脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。

下垂体がこのホルモンに反応して性腺刺激ホルモンが分泌されて、卵巣が反応して女性ホルモンのエストロゲンが分泌されます。

年齢を重ねると卵巣の機能が落ちるので、脳からの指令を受けてもホルモンを十分に分泌でなくなるのですが、脳からは指令が出続け、その結果自律神経が乱れてさまざまな不調を引き起こします。

女性ホルモンを整える食事

大豆イソフラボンはエストロゲンのように働く作用があります。

女性ホルモンが不足するときは働きを補い、過剰なときは働き過ぎを抑えてバランスをとってくれます。

大豆イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。納豆、ゆば、豆乳、みそ、豆腐などさまざまな大豆製品があります。

ビタミンEにはホルモン分泌調整作用があります。血行をよくする働きもあるので、ほてりや冷えの改善によいです。

かぼちゃ、アボカド、ナッツ、オリーブオイル、うなぎなどに多く含まれています。

亜鉛にも女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。ダイエット中の女性は不足しやすいので注意が必要です。

牡蠣、うなぎ、カシューナッツ、ごまなどに多く含まれています。

有酸素運動

有酸素運動には自律神経を整える働きがあります。

有酸素運動とは酸素を使ってエネルギーを作る運動で、ヨガ、ウォーキング、水泳、ジョギングなど比較的長時間できる運動のことをいいます。

更年期の女性にヨガを継続してもらったところ、更年期の症状が緩和した報告があります。

女性ホルモンは脂質の代謝にもかかわっていて、更年期を迎えると脂質代謝が悪くなり肥満の原因になります。運動をすると適度に筋肉がついて基礎代謝が高まるのでダイエットにもよいです。

ストレスをためない

ストレスは自律神経を乱すので、ゆったりした生活を心がけてストレスをためこまないようにしましょう。

食事バランスや運動が大切ですが、あまり神経質になるとストレスになるので、のんびり楽しく行うことが大切です。